株式会社ピノキオ薬局の詳細を知る。栃木の求人情報、転職情報なら【BeCAL栃木】(ビーカル)

株式会社ピノキオ薬局

業 種
保険調剤薬局の経営
募集職種
薬剤師 / 管理栄養士 / メディカルスタッフ(医療事務)
事業所
〒321-0953 栃木県宇都宮市東宿郷4-1-17 相生ビル1F
TEL:028-612-8000
ポイント
★手厚い研修制度でサポート★心温かく、人間味あふれるスタッフ★栃木県内で店舗を展開 地域医療に寄り添う薬局

取材で感じたこの会社の魅力

地域に根ざし、なんでも相談できる保険調剤薬局

同社は栃木県内に46店舗を展開し、全薬局で取り扱う処方箋は毎月約8万枚を超える県内最大規模の保険調剤薬局。県内での開設へのこだわりは、医師・看護師や病院薬剤師とのきめ細やかな連携と在宅医療への対応など、地域密着の薬局の機能を充分に果たすためだ。少子高齢化社会における在宅医療や小児の健康など多様化するニーズに対応し、薬剤だけでなく栄養面でのサポートにも対応するなど、地域の健康を守るため、なんでも相談できる薬局に向けて取り組んでいる。

地域に根ざし、なんでも相談できる保険調剤薬局

勤続年数に応じた、きめ細やかな研修制度

ピノキオ薬局に在籍する薬剤師は、地域の勉強会、大学との研究連携、学会発表など、薬剤師としての学びを深める多様な経験を重ねている。新人社員にはビジネスマナーや調剤基礎研修、店舗研修を行い、2年目以降には在宅研修や集団研修を行うなど、勤続年数ごとに実施されるきめ細やかな研修制度がある。また、備蓄薬剤数と多科診療科の処方箋を応需しているため現場での学びの機会も多く、薬剤師の活躍の場としても理想的な環境にある。

勤続年数に応じた、きめ細やかな研修制度

笑顔あふれる親しみやすい店舗づくり

各店舗の入り口にはカフェのような黒板が設置され、体組成計で測定などのその時々のサービスが描かれるなど、処方箋がなくても入りやすい雰囲気を創出。地域に根ざした薬局としての思いが伝わってくる。中に入って迎えてくれるのはスタッフの笑顔。「お客様に常に気配りと思いやりの気持ちで接し、安心と安全、感動を提供する」という理念通り、親しみやすい店舗づくりを進めている。店舗全体の明るい雰囲気は、スタッフ同士の信頼関係やチームワークの良さから生まれている。

笑顔あふれる親しみやすい店舗づくり

コロナ対応や積極的な地域貢献活動

コロナ対応としては、安心・安全が確保できるようスタッフの消毒、検温、手洗いうがい、店舗内の消毒など万全な対策を徹底している。スマホ処方箋送信アプリやお薬手帳の電子化など、ICTの強化や、薬の服用後の状況を確認するテレフォンフォローアップも導入し、対面接触を軽減。また、医療用抗原検査キットの取り扱いを全店舗で開始した。他にも健康測定会や薬剤師による相談会、手洗い・うがい体験講習、各地域での薬剤師等による出張講話、「認知症サポーター養成講座」の開催など、地域貢献活動にも積極的に取り組んでいる。

コロナ対応や積極的な地域貢献活動

スタッフ満足度が
高い理由とは?

資格取得のサポートや手当支給も

資格取得のサポートや手当支給も
資格取得のサポートや手当支給も

研修が充実している同社では、毎月疾患別の治療薬や処方解析などを学べるほか、認定資格の取得サポートも行っている。このように、段階的かつ着実に学ぶことで知識も定着しやすく、薬局で実践につなげることができるため、薬剤師としてどこでも通用する正確な知識とスキルを身に付けることができる。 さまざまな分野における専門知識を持った薬剤師の育成にも力を入れており、eラーニング受講料は会社負担とするなど資格取得の支援も手厚い。さらに、認定薬剤師や調剤報酬専門士など、入社後に取得した資格に対しては毎月手当が支給される。

入社後の教育研修でスキルアップができる

入社後の教育研修でスキルアップができる
入社後の教育研修でスキルアップができる

入社後の教育には十分な時間を要している同社。薬剤師の新人研修ではビジネスマナー、調剤基礎研修、店舗研修を実施し、2年目以降には毎月のドリルやe-ラーニングの受講、半年に1回の集合研修を行う。また、1年間にわたる社員フォロー研修では、毎月1回、丸1日をかけて薬剤講義と処方解析のグループワークを実施し、最新の知見と実践に活きる知識を学ぶ。管理栄養士も月に1度、本部において勉強会が開催され、栄養士としての基礎知識を徹底的に学ぶ。そこで学んだ知識は、店舗での栄養相談や健康イベントなどにも活かされている。

女性が活躍できる福利厚生や制度が充実

女性が活躍できる福利厚生や制度が充実
女性が活躍できる福利厚生や制度が充実

ピノキオ薬局では女性社員が数多く活躍している。薬剤師や医療事務、管理栄養士といった専門職としてのスキルを生涯にわたって活かしていくため、ライフスタイルの変化に応じた産休、育休などの支援制度が充実している。また、結婚などによる環境の変化に応じて勤務地を選ぶことができるほか、育児短時間勤務制度も子どもが3歳までから6歳まで対応しており、安心して仕事に復帰できる条件が整っている。出産後に仕事を続ける女性も多く、お手本になる先輩が多いこともスタッフ同士での支え合いにつながっている。

スタッフに聞きました!

小池 俊策

小池 俊策

【在籍年数】3年

【所属】ピノキオ薬局 烏山店 薬剤師

Q1. この会社を選んだ理由
実務実習でピノキオ薬局にお世話になったことがきっかけです。県内での地域密着型の会社で、仕事も余暇も充実している上司が働いていたことに魅力を感じました。小学生の頃から野球をやっていて、大学時代も草野球のチーム入っていました。出身地に配属されたこともあり、休みの日は草野球のチームを続けることができています。仕事も趣味も頑張れる環境なので本当に感謝しています。
Q2. この会社の好きなところ、魅力は?
地元に貢献したいと思って薬剤師になった僕にとって、この仕事は毎日がやりがいで溢れています。那須烏山市の基幹病院に併設する店舗なので、処方箋の数や薬剤の種類も多くとても勉強になります。患者様とのやりとりは笑顔で、お年寄りには大きな声でわかりやすく説明することなどを心がけています。顔を覚えていてくれて話しかけてくれたりすることも多く、やりがいがあります。これからは、取得した認定薬剤師の資格を活かし、患者さんから選ばれる「かかりつけ薬剤師」になりたいです。
Q3. 上司はどんな人?
とても優しく頼りになる方で、テキパキと仕事をこなす姿を尊敬しています。チームワークも良く優しく温かい雰囲気の中で働く事ができています。仕事をきちんとしながら余暇も充実されていてスポーツを楽しんでいる姿も共感できます。先輩に声をかけていただき、現在は店舗勤務とリクルーターとして活動させていただいていますが、僕も先輩のように頼れる人になれるよう頑張ります。
1日の仕事の流れ
9:00
出社
出社後、店舗の清掃を行います
9:15
業務開始
調剤・監査・投薬・薬の充填等のほか、メールの確認も行います
12:00
お昼休憩
13:00
業務再開
午後の業務開始です
18:00
退社
後片付けをし、退社します
田中 駿

田中 駿

【在籍年数】1年

【所属】わかば薬局 石橋店 薬剤師

Q1. この会社を選んだ理由
ピノキオ薬局は県内に46店舗もある栃木県最大手の薬局企業なので、地域に根差して貢献できることが魅力です。地域貢献がしたかったことと、インターンシップに参加させていただいた際に、とても職場の雰囲気が良かったことが入社の決め手となりました。
Q2. この会社の好きなところ、魅力は?
入社一年目は毎月一回新入社員の勉強会があり、他にも研修がしっかりしているので、現場での実践とともに研鑽を積んでスキルアップしていけることが魅力です。今後は高齢者施設や在宅医療の需要も増えるなど、より地域に根差して活動できることも希望していました。スタッフの仲が良く職場の雰囲気が明るいところも魅力ですね。
Q3. 上司はどんな人?
優しくいろいろとアドバイスしてくれるので助けられています。細やかに気配りしてくれるのでとても勉強になります。スタッフみんなからとても慕われていて、職場は笑い声が絶えない楽しい雰囲気です。上司のように信頼され頼りにされる、複数の患者さんを担当するかかりつけ薬剤師を目指したいです。

1日の仕事の流れ
9:00
出社
出社後すぐ、店舗の清掃をおこないます
9:15
業務開始
調剤・監査・投薬・服薬指導など薬剤師としての業務を務めます
12:30
お昼休憩
13:30
業務再開
午前中の業務に加え、在宅患者用の調剤を行います
18:00
退社
後片付け、明日の準備をし、退社します
日向 光

日向 光

【在籍年数】4年

【所属】ピノキオ薬局 ゆいの杜店 医療事務兼管理栄養士 

Q1. この会社を選んだ理由
まれ育った地域でへ貢献したいと思い、県内に46店舗展開しているピノキオ薬局を選びました。また、調剤保険薬局としてだけでなく、健康サポート薬局として栄養相談に力を入れていく方針ということが点も決め手になりました。ピノキオ薬局では健康な体づくり地域の方々の健康サポートのために、患者様の栄養相談やクリニックの依頼を受けての食事指導などを普段から行っていますが、他にも小学生からお年寄りの方までや地域の人を対象に、楽しみながら栄養について考えてもらうイベントも開催しているのでやりがいがあります。
Q2. この会社の好きなところ、魅力は?
女性が多い職場で、結婚して子育てをしている先輩方もたくさんいます。スタッフの仲が良いため、なんでも相談でき、女性にとって働きやすい環境が整っていると思います。まだ予定はありませんが、もし結婚してもスタッフのみんなとは離れたくないくらいですね(笑)。イベントも1店舗だけでなく他店舗との協力して行えるので、親子向けの食育体験やアロマを用いたり、体組成計の結果を説明しながら食事のアドバイスをしたり、楽しみながら学べるように内容もいろいろ工夫することができるのが魅力です。店舗で患者様から食事のことで声を掛けて頂いたり、私を頼りに相談しに来て頂いた時はとてもうれしいです。
Q3. 上司はどんな人?
本部の上司は積極的に新しいものを取り入れようとアクティブで、いろいろな意見を取り入れてくれます。店舗の先輩は結婚して2人の育児をしながら勤務している方ですが、患者様だけでなくスタッフにも目が行き届く、優しくて頼れる上司です。さまざまな相談に乗ってくれて、スムーズに動けるように手助けしてくれたりするので、伸び伸びと仕事ができているのだと思います。
1日の仕事の流れ
8:40
出社
清掃・業務開始の準備を行います
9:00
業務開始
来局患者受付、電話対応
12:00
お昼休憩
13:00
業務再開
午前に続き、来局患者受付、電話対応のほか処方入力を行います。また、OTC陳列やPOP作成も行います。
18:00
退社
レジを精算し、1日の業務終了です

経営陣に聞きました!

私たちの仕事は、無限の可能性を秘めた仕事です

株式会社ピノキオ薬局
代表取締役社長 田中 友和

みなさんは「薬剤師」というと、どのような仕事をイメージするでしょうか。

「医師の出した処方箋に応じて薬を揃えてくれる人」、そんなふうに思う方が圧倒的に多いのではないでしょうか。少し前に、病院薬剤師が主人公の漫画を原作とする「アンサングシンデレラ」というドラマがありました。そのタイトルにある「アンサング=unsung」という言葉は「讃えられない」という意味です。つまり、貢献をしているのにもかかわらず、讃えられないほどに目立たない、縁の下の力持ち的な存在であることを意味していたのです。

しかし、そうしたイメージは徐々に払拭されつつあります。その契機になったのがコロナ禍です。コロナ禍においては通常の医療体制が逼迫し、保健所に代わって地域の薬局が自宅療養者へのサポートを果たすという局面がありました。そして、今後はコロナウイルスの飲み薬を患者に届けたり、薬局での検査で陰性証明を発行するなど、すでに新たな動きが進行つつあります。また、オリンピックでも活躍するスポーツファーマシストなどは、とちぎ国体に向けてすでに動き出しています。このように、薬剤師の活躍する場面は多岐に渡り、今後も新たな役割が求められていくことでしょう。そういった意味で薬剤師は拡張性のある職種なのです。

だからこそ、薬剤師を目指す方々に求めたいのは、柔軟に対応できる力です。薬剤師という資格さえあれば、仕事は無限に広がっていきます。そのためにも社会の動きに関心を持ち、人々の行動の背景にある心の動きに耳を傾ける姿勢を、大切にして欲しいと思います。

今後は地域医療における他職種との連携をさらに深めるとともに、県内一円にある社内の薬局間連携をより密にし、お客様の利便性をより高めることを目指していきます。そして、医療の発展に寄与するとともに、かかりつけ薬剤師として地域の皆様の健康をサポートする役割をこれまで以上に果たしていきたいと思います。

企業を動画で紹介


OFFICE

他の企業も見る