株式会社ヌマニウコーポレーションの詳細を知る。栃木県の求人情報、転職情報なら【BeCAL栃木】(ビーカル)

株式会社ヌマニウコーポレーション

業 種
リユースショップの経営
募集職種
店舗運営職
事業所
〒329-0502 栃木県下野市下古山128-1
ポイント
★やる気や創意工夫を生かせる社風★ワクワク感の高い仕事内容★お客様からの「学び」が多い

取材で感じたこの会社の魅力

やる気や創意工夫を生かせる社風

取材してまず感じるのが、スタッフのやる気を引き出す自由度の高さ。

店づくりのルールはあるが、その上で陳列や棚構成などは担当するスタッフに一人配置している。

買い取りもデータベース頼りではなく、担当者がそれぞれの知識経験を生かして判断する。

社員を信頼する会社、それに応えて実力を発揮する社員。このコンビネーションが同社の強さの秘密なのだ。

やる気や創意工夫を生かせる社風

ワクワク感の高い仕事内容

店舗の仕事は、決まったことの繰り返し――

取材前に持っていたそんな先入観は、あっさりくつがえった。

「並ぶ商品は毎日変わる。来店されるお客様や持ち込まれる品も毎日違う。だから毎日ワクワクできるんです」そんなふうに笑顔で話してくれた社員の皆さん。

仕事を楽しめる社員は、強い。そんな社員がたくさんいる企業も、強い。

ワクワク感の高い仕事内容

お客様からの「学び」が多い

通常の物販と違い、店舗ではお客様とのやりとりが「販売」と「買い取り」の2本立て。

だから、お客様とのコミュニケーションの重要度も高い。スタッフには高い力量も求められる。

「それだけに、いろんな学び、気づきが毎日あります」お客様はみな、ニーズもこだわりも千差万別だ。接客応対の中で、新しい視点が拓かれることも多いという。

お客様からの「学び」が多い

スタッフ満足度が
高い理由とは?

環境を考える「リユース」の高い理想が、社員のやりがいを生む

環境を考える「リユース」の高い理想が、社員のやりがいを生む
環境を考える「リユース」の高い理想が、社員のやりがいを生む

「ヒトに、地球に、やさしい社会へ」を掲げる同社。
リサイクル、リユースは単なる古物販売ではない。

人々の思いがこもったモノを、大切に使ってくれる人へ渡すこと――
それが、同社のリサイクル、リユースだ。

高い理想を掲げ、その実現に力を尽くす経営方針だからこそ、社員のやりがいも生まれる。どんなにささやかな商品でも、それを求める人の手に渡すことが積み重なれば、環境へ貢献し社会を変えるきっかけになるという気持ちが、社員一人ひとりのやりがい、生きがいにつながっている。

高い理想を掲げる企業と、それを共有する社員の意識の高さこそが、同社の社員すべてにとっての「やりがい」のエネルギー源なのだ。

間口が広く奥が深い業務内容が、社員の学びや気づきを助ける

間口が広く奥が深い業務内容が、社員の学びや気づきを助ける
間口が広く奥が深い業務内容が、社員の学びや気づきを助ける

同社の社員に求められる資格は、自動車の普通免許だけ。
同社店舗で働くために必要なのは、やる気だけと言ってもいい。

そしてOJTなど社内研修制度も充実しているから、仕事に必要なことは入社後に学ぶことができる。この間口の広さが、求職者にとっての同社の魅力だ。

そして経験を積むことで任される仕事の裁量がどんどん大きくなり、自分の創意工夫を生かす範囲が広がっていく。
「私の担当だから、私がしっかりやらなくては」という思いが、やる気につながる。仕事を覚えれば覚えるほど、学びや気づきも増える奥の深さ。それがまさしく「やりがい」を生む。

これが同社の企業文化と言っていいだろう。

働きやすさは社員本位の福利厚生制度から

働きやすさは社員本位の福利厚生制度から
働きやすさは社員本位の福利厚生制度から

どんなに高い理想がある企業でも、社員を大切にしなければ栄えない。
同社は創業時から福利厚生制度を重視し、時代のニーズに合わせてステップアップを続けてきた。

給与制度では役職手当や家族手当など諸手当が充実。また、育児休業・介護休業・特別休暇(慶弔)などの諸制度も整備されている。企業年金や財形預金制度により、高齢社会に合わせた社員の生活設計もしっかりサポート。社員旅行は2年に1度、社員の希望に合わせて行き先を決めて実施している。

働く人が必要とする制度を積極的に取り入れ、自らを進化させている同社だからこそ、安心して働くことができる。またパート・アルバイトから正社員登用する道も開かれている。

スタッフに聞きました!

大柿 飛人

大柿 飛人

【在籍年数】3年

【配属】ハードオフ宇都宮環状鶴田店

Q1. この会社を選んだ理由
一番は、高校時代からブックオフをよく利用していたことが大きいと思います。

最初は欲しい本やCDなどを探して買うだけでしたが、そのうちに「買い取りはどうやっているのだろう」「商品はどういうふうに並べていくのだろう」などと考えるようになりました。
今考えると、店舗経営全体に興味が湧いたのですね。

高校卒業が近づいて就職先を探していた時に求人があるのを知って「これだ!」と思い、迷わず決断しました。
Q2. この会社の好きなところ、魅力は?
リユース、リサイクルだからこそできることがあり、それに対しての意識やプライドを、高いレベルで社員全員が持っているところです。

ただの売買ではなく、地球環境に貢献できる仕事という自覚は、自分のやる気にもつながります。

また、古いものから新しいものまで取り扱っているので、毎日さまざまな物や人と触れ合うことができるところも、好きなポイントです。

物の大切さも教えられますし、お客様とのコミュニケーションは自分を高めてくれます。
Q3. 上司はどんな人?
店長はスタッフ一人一人の意見ややりたいことにきちんと耳を傾け、尊重してくれる人です。

何でも挑戦させてくれ、成功した時に誉めてくれるだけでなく、失敗した時も「何が悪かったのか」「どうすれば良かったのか」をていねいに教えてくださいます。

ですから「よし、次もがんばろう!」というモチベーションにつながります。

教え方も上手な人です。自分が身につけてきたやり方を、実体験をもとに教えてくれるので、とても分かりやすいと感じます。
1日の仕事の流れ
9:30
出社
トイレなど清掃、陳列作業
10:00
開店
棚整理、接客業務、買い取り業務など
12:00
昼食
交代で食事。食事休憩は1時間。
13:00
業務に戻る
棚整理、接客業務、買い取り業務など
20:00
閉店
少し前の時刻からクロージング準備。閉店後はレジ締め作業など
20:15
退社
三橋 佳奈

三橋 佳奈

【在籍年数】半年

【配属】オフハウス宇都宮環状鶴田店

Q1. この会社を選んだ理由
もともと本好きで、ブックオフにもよく通っていました。

就活の時に「本に関わる仕事がしたい」「リユースを通じて幅広いお客様と接したい」と考え、ヌマニウコーポレーションの会社説明会に出席しました。

ブックオフだけでなくハードオフ、オフハウスそれぞれの業務体験をさせていただき「リユース、リサイクルによるやりがい」を強く感じて、「働くなら、この会社」と決めました。
Q2. この会社の好きなところ、魅力は?
前の持ち主が不要になったものを買い取り、それをきれいにして、新たなお客様に買っていただくというところに、魅力を感じています。

また、買い物の時にこれまでは何気なく見ていたさまざまな商品を「このブランドは価格帯はこのくらいなのか」「こういう商品もあるのか」など考えながら見るようになり、自分でも視野が広がったと感じています。

知識が豊富になれば、それだけ仕事にも生かせるので、毎日楽しみながら勉強しています。
Q3. 上司はどんな人?
店長や先輩は、まだ分からないことばかりでとまどっていた私に、一つ一つていねいに仕事を教えてくださいました。

入社して半年なのでまだまだ至らないことが多いのですが、自分の業務をこなしつつ私のこともしっかりと見ていてくれて、指導していただいています。

仕事だけでなく、あがり症な私が職場に打ち解けられるよう、気を配ってくださいました。

おかげでずいぶん助けられたと感じています。優しい上司に恵まれたことに、感謝しています。
1日の仕事の流れ
9:30
出社
清掃、レジの準備、金の相場確認など
10:00
開店
棚整理、接客業務、買い取り業務など
12:00
昼食
交代で食事。食事休憩は1時間。
13:00
業務に戻る
棚整理、接客業務、買い取り業務など
20:00
閉店
少し前の時刻からクロージング準備を始める
20:15
退社
関 春花

関 春花

【在籍年数】4年6か月

【配属】オフハウス宇都宮環状鶴田店

Q1. この会社を選んだ理由
4年前なので詳しくは覚えていませんが、もともと古着に興味があり、オフハウスも利用していました。

学生時代から、古着を組み合わせて自分のファッションを作るという、リユースの楽しさを知っていたのです。

就活で会社見学をさせていただいた時、店の雰囲気がとても良くて、働いている人たちも楽しそうだなと感じました。

それが、この会社を選んだいちばんの理由だと思います。また福利厚生の充実にも、魅力を感じました。
Q2. この会社の好きなところ、魅力は?
たくさんありますが、何よりもスタッフが楽しく生き生きと働くことができる社風、環境です。

仕事内容の研修はOJT主体ですぐに覚えられますが、そこから自分なりに考え、工夫することで、責任だけでなく大きなやりがいにもなります。

そんなふうに、自分の裁量で自由に働くことができる環境が、生き生き働ける理由だと思います。

私の担当は貴金属などの高額商品なので、買い取りの責任も重大ですが、だからこそ働く楽しさも大きいと感じています。
Q3. 上司はどんな人?
店自分から表舞台に立って率先してやるタイプではなく、ふだんは私たちに任せて自由にやらせてくれますが、何かあればしっかりフォローしてくれる人です。

特に、滅多にありませんがお客様が関係するトラブルが起きた時などは、頼りになる存在です。

ふだんでも、いろいろなことを見ていないようでしっかり見ていて、必要に応じてフォローを入れてくれます。
1日の仕事の流れ
9:30
出社
レジ準備、陳列作業(貴金属や高級品などを金庫から棚に戻すなど)
10:00
開店
棚整理、接客業務、買い取り業務など
12:00
昼食
交代で食事。食事休憩は1時間。
13:00
業務に戻る
棚整理、接客業務、買い取り業務など
20:00
閉店
少し前の時刻からクロージング準備を始める
20:15
退社

経営陣に聞きました!

「考動(こうどう)をしよう!」をスローガンに

​株式会社ヌマニウコーポレーション
代表取締役社長 沼生 隆

 今、積極的に取り組んでいる課題は、働き方改革です。私どもでは以前から、正社員やパート、アルバイトまで、スタッフ全員がやりがいをもって、生き生きと働くことのできる職場づくりに取り組んできました。近年は有給休暇制度や産休・育休制度の改定など、さまざまな改革を実行し、中でも産休・育休は制度を作るだけではなく、社員への啓蒙にも力を入れております。

そのおかげでここ数年制度を活用し子育て後にまた復帰して働く社員が増えつつあります。

私どもの事業は、曲がり角を迎えています。以前は品数が豊富で価格が安ければ、お客様が来てくださいました。しかしネット通販などの普及により、もっと魅力ある店舗としてアピールすることが求められています。ネット通販にはない「店で買い物をする楽しさ」をどうご提供するか、私どもも工夫を重ねているところです。

そこで私は、社員に「考動(こうどう)をしよう!」と呼びかけています。

自分がやっている業務をしっかり理解することで、それをさらに良くするための方法も生み出せるのです。リユースという地球に優しい意義ある事業をさらに発展させるために、これからも社員と一緒に頑張っていきたいと考えています。

OFFICE

他の企業も見る