有限会社村上商事の詳細を知る。栃木県の求人情報、転職情報なら【BeCAL栃木】(ビーカル)

有限会社村上商事

業 種
コンビニエンスストア運営
募集職種
ローソン店舗スタッフ
事業所
〒329-123 栃木県塩谷郡高根沢町光陽台1-9-3 JAしおのや2F
ポイント
★独立支援制度で夢の実現をサポート★全国屈指、23店舗のローソン運営★地域とのつながりを大切にする店舗運営

取材で感じたこの会社の魅力

独立支援制度で夢の実現をサポート

夢を追いかける人を手厚くサポートする「独立支援制度」が充実。ノウハウが整備された会社で3年~5年の店長経験、ストアコンサルタント経験を積むことで、コンビニ経営に必要な知識、技能をしっかりと身につけることが可能。

独立する時には100万円の支援金を提供し、独立後にも一定期間コンサル補助のサポートまで対応。コンビニオーナーが順番待ち、かつ優良物件もなかなか見つからないと言われる昨今、オーナーを目指すなら、村上商事への入社が一番の近道かもしれない。

独立支援制度で夢の実現をサポート

全国屈指、23店舗のローソン運営

コンビニエンスストアと言えば、家族経営型の個人店をイメージする人が多いのでは?

村上商事は栃木県内で23店舗を運営する一大企業。ローソンのフランチャイズシステム特有の多店舗展開のメリットを生かし、毎年拡大を続けている。

「MO(マネジメント・オーナー)制度」は店舗数が多いほどグレードが上がり、企業経営に大きなメリットが出る。現在、2020年度内の最上位グレード達成をめざしている。

全国屈指、23店舗のローソン運営

地域とのつながりを大切にする店舗運営

コンビニエンスストアも一般商店と同様に、中心となる顧客は地域の人たち。

村上商事の経営する店舗に入ると、地域の人たちの使い勝手を重視した店内ディスプレイや商品構成、そしてフレンドリーなサービスを心がけていることがはっきりと伝わってくるはず。

店舗を知り抜いた社員によるエリアマネジメントが他店舗との差別化になる強み。そして、そのノウハウを働きながら身につけられるメリットも村上商事を選ぶメリット。

地域とのつながりを大切にする店舗運営

スタッフ満足度が
高い理由とは?

働く人のライフスタイルを尊重、誰だって夢を追える!

働く人のライフスタイルを尊重、誰だって夢を追える!
働く人のライフスタイルを尊重、誰だって夢を追える!

働く人にはそれぞれのライフスタイルがあり、その中で夢を叶えたいもの。

生活費補助としてパートで働きたい人、正社員になって経営まで携わりたい人、独立して自分自身が経営者になりたい人など、スタッフの想いはさまざま。

村上商事では、それぞれの夢、ライフスタイルを最大限尊重し、さまざまな手厚いサポートを用意。

ローソンには「ファンタジスタ制度」という、接客やマチカフェなど4部門の技術認定制度があり、正社員やパート・アルバイトの区別なく、認定試験への挑戦を支援。

さらに将来の企業幹部を目指す人を育成するための研修制度もある。その上、独立支援制度まで用意されているから驚き!

福利厚生が充実。生活をしっかりサポート

福利厚生が充実。生活をしっかりサポート
福利厚生が充実。生活をしっかりサポート

シフト制による8時間労働制はどんな会社でも一般的になってきているが、なかなか達成できない会社も少なくないのが現状。

そんな中、村上商事では実働8時間労働、残業月30時間程度を着実に実現。もちろん週休、年休もあり、政府の「働き方改革」に沿った経営が魅力。その他社会保険など諸制度が完備していることも、やる気につながる大切なポイント。

ステップアップを目指したい人のために店長研修、SC(ストア・コンサルタント)研修などさまざまな研修もあり、やる気に応じることのできる研修制度が整備されている点は、年収とも関連してクルーのやる気の源泉。社員旅行やスポーツ大会など、楽しみも充実!

社内コミュニケーションが良好だから働きやすい!

社内コミュニケーションが良好だから働きやすい!
社内コミュニケーションが良好だから働きやすい!

どんなに待遇の良い企業であっても、社内の雰囲気がギスギスしていたり、派閥が生まれて対立していたりしたら、長く勤める気持ちにはなれないもの。

村上商事は、課長や店長などの店舗を管理者たちがコミュニケーションの重要性を理解。クルーと意識を共有するための「話す」ことを重視している。

その意識がクルー同士にも広がっているため、情報交換はいつでも活発。クルーはプライベートでも仲が良いことが多いとのこと。

仲間意識が醸し出されやすい環境が、働きやすさも生み出し、モチベーションの高さにつながっている。退職者や独立した人まで気軽に遊びに来られる社風は、うらやましい限り。

スタッフに聞きました!

押田崇

押田崇

【在籍年数】3年6カ月

【配属】コンビニエンス事業部5課

Q1. この会社を選んだ理由は?
実は、34歳まで無職でした。きちんと働きたいと考えて、職を探しはじめ、知人が村上商事に勤務しているので様子を聞いたところ「いい会社だから、ぜひ」と誘われました。最初はアルバイトからスタートしましたが、半年後には正社員になることができました!半年の間に会社の良さを実感できたので、正社員になれた時はとてもうれしかったです。社長、部長といった上層部だけでなく、働く仲間がみんなやさしく、いい環境の会社ですよ。
Q2. この会社、この仕事の好きなところは?
会社から信用されて店舗を任され、何事にもチャレンジさせてもらえるところですね。以前の私は、引っ込み思案でコミュニケーションが苦手でしたが、この会社で働くうちに、ずいぶん上達したと思います。店長になった時には、コミュニケーション面の成長が認めてもらえたんだと、とてもうれしかったのを覚えています。お店は店長次第で良くも悪くもなり、とても神経を使いますが、それだけにやりがいも大きい仕事です。今はトレーナー研修を受け、人を教える技術を身につけているところです。
Q3. 上司はどんな人?
コンビニエンス事業部の佐藤本部長は、私を育ててくれた方です。仕事で間違った方向へ行きそうになるとすぐに指摘し、指導してくれます。ミスをして叱られることは滅多になく、それをどう修正し、これから繰り返さないためにどうしたらいいかなどを教えてくれます。仕事には厳しいですが、店舗クルー全員への思いやりを感じます。私も、佐藤本部長のような上司になり、会社をさらに盛り上げて行きたいと思います。
1日の仕事の流れ
正午
出勤
棚を見ながら店の状態を把握、レジ接客、クルー指導、合間に交代で食事休憩(1時間程度)
16:00
納品対応や混雑前の準備
ほぼ同じ時刻にやってくる商品の納品への対応。さらに、混雑時間前の揚げ物や惣菜の準備はこの時間に済ませる
17:00
接客
学校や会社からの帰宅時間となる19:00までは店の混雑時間。接客対応に集中。
20:00
店内チェック
陳列棚を整理し欠品チェックと補充を済ませる。その後事務処理もあり
21:00
退社
シフトによって出勤、退社の時間は変更(9時間勤務、1時間休憩は固定)
 荒井恩京

荒井恩京

【在籍年数】4年9カ月

【配属】コンビニエンス事業部2課 課長

Q1. この会社を選んだ理由は?
会社の企業理念に書かれている「感謝」「チャレンジ」「成長し続ける」という言葉に惹かれました。初めての業界、仕事だったので、当初はとても不安でしたが、入社後すぐ「人と人の心をつなぐ、感謝の心を大切にしている会社だな」と強く感じることができました。国籍や性別、年齢、入社歴など関係なく、自分のやる気や努力次第でいろいろな業務にチャレンジできるところにも魅力を感じました。それが自分の成長にもつながるし、やりがいでもあります。
Q2. この会社、この仕事の好きなところは?
思いやり、助け合う精神がある企業風土が大好きです。上司や同僚とは、家族的な雰囲気の中で仕事をしていて、誰でも働きやすい環境だと思います。笑顔が多いところもいいですね。経営陣や上司は、クルーたちの仕事ぶりをしっかり見ていて、人事評価制度に則ってきちんと評価してくれます。誠実に取り組んで成果を出し、それが正当に評価されることは大きなやりがいですね
Q3. 上司はどんな人?
本部長は、私にとって憧れの存在です。人として、また働く女性として尊敬しています。よろこびも悲しもみ一緒に分かち合うことができる、親しみやすい上司なので、何でも気軽に相談することができます。部下のキャリア形成も上手く、一人一人のことをきちんと考えてくれて、すべての部下に平等にキャリアアップのチャンスを与えてくれます。部下をやる気にさせる指導力がすごいですね!
1日の仕事の流れ
10:00
出勤
棚を見ながら店の状態を把握、クルーとコミュニケーションしながら指導。交代で食事休憩1時間
14:00
納品対応
納品される商品の受け取りやチェックは、店舗にいる社員の重要な業務のひとつ
18:00
退社
店の混雑時間を見極め、合間に複数の事務処理もこなす。シフトにより出勤、退社時刻は異なる
喜友名朝将

喜友名朝将

【在籍年数】1年4か月

【配属】コンビニエンス事業部5課 課長

Q1. この会社を選んだ理由は?
この会社で働くことが、自分のステップアップにつながると感じたからです。私は以前、別の県のローソンで働いていました。当時は将来の独立を目指していたのですが、その後「社員として長く働ける会社に入りたい」と考えるようになりました。村上商事は運営している店舗数も多く、社員の希望に合わせた将来設計の手助けをしてくれる会社です。社長の「人を一番に考える経営」という信念にも強く惹かれました。
Q2. この会社、この仕事の好きなところは?
頑張っている人、やる気のある人の仕事ぶりをちゃんと評価し、応援してくれるところがすばらしいと思います。私は、入社1年で5店舗のグループ長(店長や店長アシストを5店舗担当)を任せていただけました。もともとローソン店舗で働いていたということもありますが、自分の誠実な仕事ぶりをきちんと見ていただいたと感じています。入社歴に関係なく重要な役職につけるチャンスがある点も好きなポイントです。
Q3. 上司はどんな人?
ダメなものはダメ、いいものはいいとはっきりと言ってくれる人です。時には厳しく、特にはやさしく指導して、私たちを進むべき道に導いてくれます。その一方、普段はユーモアがあって、職場の雰囲気を和ませてくれる人でもあります。そういったメリハリのつけ方も、まだまだ私には真似ができません。上司を見習いながら、自分ももっと力をつけ、人格を磨いていきたいです。
1日の仕事の流れ
8:00
出勤
店の様子や棚の状況をチェック
11:00
食事休憩
ピーク時刻に重ならないように、ローテーションで休憩する
12:00
担当店舗の巡回や納品チェック
担当する店舗を巡回し、円滑に運営できているかを確認。間に納品チェックも行う
17:00
退社
シフトにより時間は変更(9時間勤務、1時間休憩は固定)

経営陣に聞きました!

成功も失敗も大切な経験、そこから学べれば大きな失敗も次の成功につながる

私どもは一般的なローソンフランチャイズ店としてスタートし、2012年からはMO(マネジメント・オーナー)契約へ移行。企業として複数店舗のフランチャイズ経営を行うことで企業努力が実績に直結しやすくなり契約条件も向上、スケールメリットも出るようになってきました。2017年度には、MOの4グレードのうち上から2番目のグレード3を達成。2020年度での最上位グレード取得を目指し、社内一丸となって努力を重ねているところです。

各社員自身が仕事を突き詰めることで会社の業務拡大に結び付き、それがまた自身のやりがいとなって跳ね返ってくるとの考えの下、社員のレベル向上へは積極的な支援を進めています。我が社は、男女の差別なく実績を重視、その人の働きに応えられる会社だと思います。社員もパートもチャレンジ精神旺盛で、店舗クルーがローソン「MACHI cafe」を担当するファンタジスタのナンバーワンに輝いたこともあります。やる気のある人をどんどん支援していく姿勢に変わりはありません。

個性を伸ばすことも重視し、やりたいことは先ずやらせる。成功も失敗も大切な経験であり、そこから学べれば大きな失敗も次の成功につながると考え、次世代の幹部を育てていくつもりでおります。


取締役統括本部長

佐藤亜矢子

企業として成長し、社員の夢の実現を支援したい

有限会社村上商事
コンビニエンス事業部取締役統括本部長
佐藤亜矢子

私ども村上商事は、コンビニエンスストア・ローソンのフランチャイズ店を栃木県内で経営しています。現在の店舗数は20を超えていますが、これはローソン加盟店の中でも上位に位置する店舗数です。

2012年には、複数店舗のフランチャイズ経営を行うことでさまざまなスケールメリットが出るMO(マネジメント・オーナー)契約へ移行。一般のフランチャイズよりも契約条件が向上することで企業努力が実績に一層結びつきやすくなりました。

2017年度には、MOの4グレードのうち上から2番目の「グレード3」を達成。現在は店舗数30店の達成と、2020年度での最上位グレード取得を目指し、社内一丸となって努力を重ねているところです。

夢の実現のために急務なのが、SC(ストア・コンサルタント)とMOトレーナーの育成です。SCはエリア内の複数の店舗をマネジメントする役割を持っており、店舗数が増えるに従って各店舗だけでなく地域内の店舗を総合的に見ることができるSC育成は不可欠です。MOトレーナーとは、これから独立開業するストアオーナーを開業前から直後にかけて支援する役割で、MOトレーナーが増えることにより、ローソン本部からの信頼がより向上していきます。

村上商事の成長は、勤務する人たちの夢の実現にも結びつきます。働く人たち個々の夢を大切に、その実現をサポートする企業でありたいと考え、1人でも多くの仲間と出会いたいと願っています。

OFFICE

他の企業も見る