人工芝専門業務のプライド 感謝の言葉に応える仕事人

 マイスターでの仕事は現場から始まる。現場を経験して営業をする者には商品を説明する言葉にリアリティーがあるからだ。マイスター(達人)となるためにはその熱意が問われ、自己研鑚が求められる道だ。人工芝の材質、特性などの知識も身に付け、現場施工や現場管理、安全・品質・工程の管理を網羅して一流のマイスターとなる。誠実であることがマイスターで働く者の心構えだ。「この仕事にはお客様に『きれいになった』と喜んでもらえる達成感があります。それが次の現場への意欲にもなります。『お客様の笑顔が見られる』仕事。『ありがとう』と言われる仕事を突き詰めていきたい」と中村社長は言う。

 人工芝の種類は一般の住宅に用いられる景観用、競技用の砂入り人工芝(主にテニスコート)そしてロングパイル人工芝(野球場、サッカー場、フットサルなど)の3種類に大別される。マイスターは顧客の要望に応じた設計やデザインを提案して、地域に人工芝の世界を広げる。人工芝専門のエキスパートのプライドに懸けて10年という施工品質を保障する。