元気寿司株式会社の詳細を知る。栃木の求人情報、転職情報なら【BeCAL栃木】(ビーカル)

元気寿司株式会社

業 種
「魚べい」「元気寿司」「千両」の3ブランド回転寿司チェーン経営、海外店舗の経営
募集職種
店舗総合職
事業所
〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り2-1-5 明治安田生命宇都宮大通りビル4F
ポイント
★働きやすさ業界NO.1★すべての従業員の成長=会社の成長につながる★ライフステージに応じた働き方ができる

取材で感じたこの会社の魅力

働きやすさ業界NO.1!

「休めない」「サービス残業」などのイメージがある飲食業界だが、元気寿司では何よりも従業員が“働きやすい”環境づくりに力を入れている。公休はもちろん年次有給休暇も積極的に取得させているとのこと。

定時退社も推奨しており、月間残業時間は本社・店舗平均で20時間程度。残業代はなんと1分単位で支給している。競合他社から転職してきた人からも「言葉だけでなく本当にそうなんだ」と驚きの声をあげるほど。ほかにも、従業員割引制度、オピニオン制度、研修制度など各種フォローも充実。

働きやすさ業界NO.1!

すべての従業員の成長=会社の成長につながる

現在業界5位の元気寿司。それは、まだまだ“伸びしろ”がある会社だということ。「能力を発揮した従業員には最大限報いることのできる会社にする」と経営理念の一つとしても掲げている通り、成長したい人は充実の研修制度でとことんバックアップ。その成長が会社を成長させる。

社長自ら現場に赴きパートナーに声をかけるなど、経営陣の“熱意”を近くに感じられる環境も、進化を止めず成長し続けようという想いを現場にまで浸透させるのに一役買っている。

すべての従業員の成長=会社の成長につながる

ライフステージに応じた働き方ができる

全国転勤有りの「グローバル社員」、一定エリア内の転勤有りの「ナショナル社員」、自宅から通勤可能な範囲の転勤有りの「エリア社員」という3つの働き方を用意。

女性でも結婚・出産などのライフステージの変化を機に積み上げてきたキャリアを諦める必要がなく、さらなるステップアップを目指すことが可能。パートナーを含めると1万人以上のスタッフが働く元気寿司。そのうち約8割は女性。女性の占める割合が増え、活躍する女性社員が増えているのも、さまざまな改革が成功している証。

ライフステージに応じた働き方ができる

スタッフ満足度が
高い理由とは?

“頑張り”が評価される

“頑張り”が評価される
“頑張り”が評価される

「能力を発揮した従業員には最大限報いることのできる会社にする」と掲げる通り、出勤日数、提出物の期限、定時退社など、“当たり前のこと”がきちんとできている従業員は積極的に評価。

さらに教育チェックリストを採用しているので、誰でもぶれずに評価をすることができるのも安心。各階層ごとの研修や強化したい部分に合わせた研修なども充実しているので、“もっと頑張りたい”という熱意を積極的にフォローアップ。

自分のアイデアを提案できる

自分のアイデアを提案できる
自分のアイデアを提案できる

部下の意見を聴くことを大切にする上司が多く、トップダウン型の一方的なコミュニケーションが少ない社風も魅力。月1回のオピニオン制度では部署の垣根を超えた提案もできるほか、パートナーを含む全従業員参加型の新商品提案制度なども実施。自分の意見が商品や現場のオペレーションに反映されることがスタッフのモチベーションUPにつながっている。

休みがきちんと取れる

休みがきちんと取れる
休みがきちんと取れる

元気寿司では1カ月で9日の公休を取るように定められており、もし欠員があれば他店舗から応援を回すなどの配慮も。週末も休みが取りやすいので、たとえ繁忙期でも子どもの行事や家族イベントにも参加できる。平日に休みを取れば、観光地でのんびり過ごせたり、買い物もゆったり楽しめたりと、メリットも多いそう。

スタッフに聞きました!

大貫公久

大貫公久

【在籍年数】5年

【配属】国内事業部 店長

Q1. 入社のきっかけは?
もともと魚がすごく好きで、せっかくなら自分が好きなものに関するものがいいなと思い、大学生時代に元気寿司でアルバイトをしていました。その時の店長に入社を勧められたのがきっかけです。大学時代までずっとサッカーをやっていて、サッカーに関係する仕事に就くか、別の業界に就職するか迷っていました。ですが、アルバイトをするうちに元気寿司の仕事に興味がわいてきて。当時の店長や副店長がとてもいい人だったので、決心しました。アルバイトしている時は、とても活気があって明るい店舗というイメージでした。実際に入社してみてからは、社長を筆頭に、一人ひとりがすごくこだわりを持っていて一本筋が通っている人ばかり。とても刺激を受けていますし、魅力的だと思っています。
Q2. 店長の仕事を教えてください!
主に「管理」をすることがメインです。人の管理、売上の管理、食材の管理など、店全体を見るという仕事です。欠員があれば、その業務のサポートに入ることもあります。現在の店舗には70~80名のスタッフが在籍しているので、「店長がいるから安心」と思ってもらえるように、常日頃から一人ひとりとのコミュニケーションをしっかり取ることを心がけています。一人ひとりが個性を発揮できれば、どんどんいい店舗になると考えています。
Q3. どんなコミュニケーションを心がけている?
一番はあいさつです。あとは笑顔ですね。パートナーさんにお願い事をすることも多いので、働きやすいなと思ってほしいですし、信頼してほしいと思っています。だからこそ、気分た体調の浮き沈みが無いように体調管理にも気を付けています。自分もアルバイトをしていたので特に思うのですが、「今日は体調が悪いのかな?」とか、パートナーさんたちには気を使わせたくないので。いつでもフラットに、いいコミュニケーションが取れるようにしています。
Q4. これからの目標は?
今の目標は、店長の中で一番になることです。入社して1年ほどでチーフになり、店長になって1年くらい。初めてチーフになったときは、早くもっと上に上がらなきゃ、上を目指さなきゃという焦りがあったんです。その時の上司に、「まずはチーフの中で一番を目指したらいいよ」と言われて。着実に一歩ずつ成長していけばいいんだとわかって肩の力が抜けました。今は売り上げを伸ばして人間的にも成長し、会社の中で「この店長なら任せられる」と認められるような店長になることが目標です。
1日の仕事の流れ
15:00
出勤
まずは売上や店の状況などの確認からスタート
16:00
ピークタイム準備
その日の状況に合わせて作業の点検、準備など
17:00
ピークタイム
店の混雑時は全体の状況を見つつ、店頭で接客することも
20:00
棚卸、明日の発注作業
22:00
退社
大門和夏

大門和夏

【在籍年数】3年

【配属】国内事業部 チーフ

Q1. 入社のきっかけは?
もともと飲食業界に入ろうと思っていたわけではありませんでした。就職活動時にいろいろ調べていくうちに、自分が何をしたいのかよく分からなくなってしまって。それでちょっと立ち止まっていた時に、地元の企業が集まる説明会が東京で行われることを知り、そこで出会ったのが元気寿司でした。説明会に参加した時に、仕事内容というよりも「この人たちと働いてみたい!」と思ったんです。それがきっかけで入社しました。今は業界5位ですが、社長自ら「業界1位を目指そう」と、常に上を目指しているところが魅力ですね。
Q2. チーフの仕事を教えてください!
主に店長のサポートをするのが仕事です。店長がお店の一番上の責任者だとしたら、2番目の立場ですね。特に店長が公休の日には、店舗の責任者として一日営業を見る役目です。私が働いている魚べい福島黒岩店はオープンしてまだ4カ月くらい。今の店長と一緒に働いている期間はまだ短いのですが、こちらの話もきちんと聞いてくれるし、さらに「何かある?」と問いかけもしてくれて、意見を聞いてくれる店長です。そんな店長のサポートができるよう、コミュニケーションをしっかりとることを心がけています。
Q3. コミュニケーションで心がけていることは?
今まで働いてきた店舗は学生が多かったのですが、今働いている店舗は主婦の方をはじめ大人の人が多いんです。全部でスタッフは70~80名くらい、やはり気を遣う部分は多いです。なので「ありがとうございます」とか、例えばお子さんの体調が悪くて早く上がらないといけない方には、後日「お子さんの体調はいかがですか」など、こまめな声かけを大切にしています。そのうえで、会社からの要望を伝えるときも一方的に伝えるのではなく、まずは従業員の方の意見を聞き、取り入れながら伝えるようにしています。
Q4. これからの目標は?
今まで5人の店長に出会ってきて、いろいろなお店の形があるなと思ったので、まずは店長になってみたいという気持ちが芽生え始めています!店長によってお店のカラーや雰囲気も違ってくるので、私なりのお店作りをしてみたいなと。売り上げももちろん大切ですが、まずは人、従業員を第一に考えたいと思っています。従業員のみんながいなければお店も回らないですし、従業員をまず一番に大切にして、風通しのいいお店にしたいですね。みんなの意見を尊重しつつ、お互いに言いたいこと・言うべきことはきちんと言い合えるようなお店を作っていきたいです。
1日の仕事の流れ
13:00
出勤
当日の売上状況確認、仕込み量の見直し、準備量の指示など。欠員があればヘルプに入ることも
16:00
休憩
17:00
ピークタイム
キッチン、ホールの状況を見ながら現場の管理
20:00
棚卸、明日の発注作業
22:00
レジ締め業務
23:00
退社
平井佳奈

平井佳奈

【在籍年数】6年

【配属】人財開発部 オペレーション指導課 CSトレーナー

Q1. 入社のきっかけは?
高校生の時に、法師人社長が講演会で学校に来る機会があったんです。その時の社長の話を聞いて「面白そう!」という好奇心を持ったのがきっかけでした。お寿司に対しての熱意はもちろん、「こうしたい」「こんなことをやってみたい」という話を聞いて、当時高校生ながら、社長の“熱い”部分に感動しました。その時は自分に明確な目標も無かったので、本当にすごいと思って。自分もこういう風になれるかな、なりたいなと思って入社を決めました。
Q2. トレーナーの仕事を教えてください!
主にホールでの作業を教える、トレーニングする仕事です。テーブルセッティングや片付け、ドリンク類の製造提供のほか、困っているお客様を助けたりするなど、ホールの仕事はかなり多岐にわたります。それを対面で指導します。新店オープンの時は1週間でお店を運営できるようにしなければいけないのでかなりハードですが、転勤で全国各地に行けて、いろいろな人と出会えて、一緒に仕事ができるとても楽しい仕事だと思います。計画的に物事を進める習慣が付くので、自分の生活リズムを整えるのにも役立っています。
Q3. 教えるときに工夫していることは?
入ったばかりの、何も分からない人に教えることもあるので、例えば専門用語は使わないようにしたりなど、「誰にでもわかりやすく、子どもにも伝わるように」を心がけています。相手も初めてのことなので不安があると思いますし、緊張していると思います。覚えることも多いし、何より新しいことを始めるってパワーがすごく必要だと思うんです。だからこそ少しでも相手に安心感を与えられるように、笑顔を意識しています。特に今はマスクが欠かせないので、目元でしっかり笑顔が伝わるようにしています。
Q4. これからの目標は?
憧れのトレーナーの先輩がいるんです!私がトレーナーになったとき、その先輩のトレーニング方法を見て勉強しました。“教える”ってすごく難しいですが、楽しそうに分かりやすく教えているのを見て、私もそういう風になりたいなと思ったんです。“学ぶ”ことには終わりがないので、先輩はそこが魅力で楽しいと言っていました。教えて教えて、そしてより良くしていく。それができるのがトレーナという仕事の楽しさだと思っています。先輩のように、人から憧れてもらえるような人になりたいですね!
1日の仕事の流れ
9:00
出勤
午前中のトレーニングの準備
10:00
トレーニング
新店スタッフにホールについてのトレーニングを実施
14:00
休憩
15:30
店舗の準備
備品のセットなど
17:00
トレーニング
20:00
振り返りMTG、報告、片付け
21:30
退社

経営陣に聞きました!

働きやすさと売上、ともに業界ナンバー1の会社に

元気寿司株式会社
執行役員 国内事業部長
穴沢 真

私たち元気寿司株式会社は、1968年に元禄産業株式会社のフランチャイジーとして創業、1990年に「元気寿司」の商号で展開をスタートしました。現在は回転寿司チェーン「元気寿司」「魚べい」「千両」といったコンセプトの異なる3つのブランドを展開しております。

現在回転寿司業界第5位という位置にいますが、働きやすさでは業界NO.1であると自負しています。以前は飲食業界と言えばどうしても“ブラック”というイメージを持たれがちでしたが、従業員がやりがいを持ってイキイキと働ける環境づくりのため、さまざまな改革に取り組んできました。

その結果、退職率の減少、女性スタッフの躍進、会議でも意見が活発に出るようになったりと、改革の成果を感じております。休むべき時はしっかり休み、遊ぶときは一生懸命遊ぶ。だからこそ仕事にも一生懸命になれると考えています。

「おいしさ」を何よりも大切にしてきた元気寿司ですが、大切に守るべきことは守りつつ、変化させるべきことは恐れずに変化させる。そのためには“新しい血”が必要です。

仕事は楽しいものです。楽しさの原点は“自分の成長”です。元気寿司はまだまだ伸びしろのある会社です。あなたの成長が会社を成長させます。今後まずは200店舗出店を目標にしています。業界トップの競合店と比較しても味やサービスでは負けない自信があります。私たちと一緒に会社を大きくしたい!この会社を変えていきたい!という情熱のある方をお待ちしています。

他の企業も見る