宇都宮市外へも出店 ドミナント戦略で拡大

農業を、若者が志すことのできる、元気でかっこいい職業にしたい。それが林書緯社長の、創業からの強い想いだ。株式会社グリーンデイズが経営する農産直売所「あぜみち」は、林社長の想いを実現する店でもある。

 「あぜみち」は、現在宇都宮市内に6店舗(うちインストアタイプが2店舗)あるが、6月に鹿沼店がオープンする。規模はほぼ上戸祭店と同じ。もちろんコンセプトは、農業と地域社会に貢献する店づくりだ。

 「テナントで入ってくださる店舗は、上戸祭店のテナントさんとは違いますが、店全体の雰囲気は変わらないと思います。農と食で、地域活性化をめざす店にしたいと思っています」

 鹿沼店には、マスコットとしてミニチュアホースの「デンちゃん」がお目見えする。もちろん、初めての試みだ。「女の子なんです」と目を細める林社長。「かわいいでしょう? きっと子どもたちに人気が出ますよ!」

 上戸祭店に続き鹿沼店でも、ドラッグストアを運営する株式会社カワチ薬品の敷地内にオープンする。

 「私どもの出店ポリシーは、市街地であることと人口が多いところというもので、宇都宮市内でやってきました。しかし、近年さまざまな方からオファーをいただいたので、ドミナント戦略でまず隣市の鹿沼市に出店することにしました」

 「あぜみち」の新しいステップが、鹿沼からはじまる。